目次 からだのしくみ 救えボジョレー タブキャンプセーブアライフ 救命テスト 予防救急 応急手当 救急のしごと 自然災害119

救急のしごと
突然の病気やケガ、事故。いつあなたの目の前で起こるかわかりません。
そのような緊急事態に迅速に対応し、命を救うのが救急の仕事です。

突然目の前で病気・ケガ・事故救急隊を知る救急車の中と資器材
消防署の仕事は色々あります。主な仕事を4つあげると・・・

消火隊
火事になったらかけつけ、火災現場で消火活動を行います。

救助隊
火事や事故、自然災害などが起こったらかけつけ、逃げ遅れた人を助ける救助活動を行います。

救急隊
病気やケガをした人のところにかけつけ、救命処置などの処置を行い、迅速に救急車で病院に運びます。

予防
火事や事故が発生しないように建物や設備を検査して安全を確認し、指導や許可を行います。



救急隊は、消防署から火事や災害、事故現場や急病人の所へと救急車で迅速に駆けつけます
救急隊員が身につけているもの
ボジョレー救急活動服
救急隊員は、上着はうすいグレー、ズボンは濃いグレーの活動服を着ています。
救急指令が入ると
ボジョレー感染防止衣
感染防止衣、手袋、マスク、ゴーグルなどを着用します。
くわしく見てみよう!
ヘルメット ヘルメット マスク 感染防止衣 てぶくろ 長靴


救急隊の構成
ボジョレー隊長
隊長
ボバル隊員
隊員
エルブリング機関員
機関員
救急隊は、通常、「隊長」「隊員」「機関員」の3名で活動しています。※機関員は救急車を運転します。
3名のうち少なくとも1名は「救急救命士」であることが、消防庁では目標とされています。
ボジョレー救命士
救急救命士
ボバル隊員
エルブリング機関員

救急現場へ出場

救急車の中を見てみよう